おまつクラウドファンディングを学ぶ

【CREAL(クリアル)】(仮称)Hmlet CREAL中野新橋、1月19日(水)20時から募集開始!!

おまつです♡

 

前回《高田馬場レジデンス》案件からの
1ヶ月ぶりの募集になりますね♪

CREAL(クリアル) の

新規案件 登場でーす!! (^ ^)

 

(仮称)Hmlet CREAL中野新橋

  • 募集金額: 8億100万円
    ( 成立下限額: 7億100万円 )
  • 想定利回り(年利):4.5%( インカムゲイン相当2.0%、キャピタルゲイン相当2.5%
  • 想定運用期間:18ヶ月
  • 最小投資金額:1万円
  • 募集期間:2022年1月19日 20時 〜 2022年1月26日 20時
  • 初回配当日:2022年8月31日

---------------

2022年1月31日:運用開始
※2022年2月1日~2022年5月31日:フリーレント期間のため、賃料収入無し
※2022年6月1日~2023年7月31日:賃料収入有り
※売却時:【運用期間×年利4.5%-既配当額】の配当(売却益の範囲内)
上記の想定初回配当日・配当額はあくまで想定であり、確定したものではございません。
なお、 取得日以降、随時売却活動を開始予定です。

 

募集額、8億 ってーー!!!

いつもの、
2億とか3億のレジデンスでも
大規模案件なのに

8億 ってーーー!!!

ガクガク••• ((((;゚Д゚)))))))

 

過去には、

・ホテルアマネク浅草吾妻橋スカイ 8億8,000万円
・SOLA沖縄学園 8億3,800万円
・RakutenSTAY Naha-Tida 7億3,500万円

と、8億案件があるにはあったんですが•••
ホテルだとか教育機関だとか
レジデンスで8億ってなかったですね💦

しかも
これらは劣後出資 10% だったし、

今回は 5% •••
( 最近、ずっと5%だよね⤵︎⤵︎ )

((((;゚Д゚)))))))

 

そんな高いの
容易に売却できるんかな???

おまつでなくても
みなさん率直に思いますよね?

なお、 取得日以降、随時売却活動を開始予定です。

•••だそうです。(^◇^;)
やはり時間かかりそうー💦

 

 

そもそも
三菱地所とかhmlet(ハムレット)とか
いまいち絡み方が不明•••。
( •••おまつの読解力の問題かも??? )

 

ハムレットってなんなん??

 

【ファンド情報】のところに
《物件管理会社》として記載がありました。

ハムレット社は三菱地所株式会社とHmlet Pte.,Ltd.(本社:シンガポール)が2019年10月に設立したコリビングという新しい暮らし方を提供する運営会社です。
「住みながら新しい体験ができる賃貸住宅」をテーマに、年齢・国籍・業種を超えた幅広いコミュニティが形成できる住まい(コリビング)を展開しています。

 

うーん、具体的には???

 

〜以下、hmlet公式サイトより抜粋〜

ハムレットは、三菱地所グループが運営する賃貸マンション。
1カ月からご利用いただけ、家具付き・家具無しのお部屋を用意しています。また、全てのお部屋は、電気・ガス・水道が契約済みで、ご入居日から快適な新生活がスタートできます。

ハムレット最大の特徴は、新しい体験ができること。様々なイベントが開催され、アートや伝統工芸など様々な文化に触れてみたり、起業やビジネスライフに役立つネットワーキングイベントに参加したり、ただ住むだけでない価値や経験があります。ご提供できるサービスを順次拡大しながら、様々な国籍・職種の方と出会える場を広げてまいります。

 

なるほど、ハムレットジャパンは
三菱地所グループの

マンション管理運営会社ってことですね。

ただの管理会社じゃない、
そこに住むことによって色々なメリットが教授できるような
仕組みを運営、管理している会社。

1ヶ月からってことは
マンスリーマンションにもなるわけですね!
カバンひとつで、短期間でも
オシャレマンションに生活できるなんて、
それはいいかも♪

 

貼り付けてある動画、見たらば、
ハムレットジャパン
代表取締役の佐々木さんが

「この度ハムレットはクリアル株式会社と業務提携契約を締結し、新規レジデンスを中心とした開発等、さまざまな分野で連携を強化してまいります。
今後もクリアルの投資家の皆様より出資を頂きながら、より多くの案件を進めていければと考えております。」

だって!!!

 

今後もやる気っ!!

o(`ω´ )o

 

ハムレットジャパンは、
今回の案件でも

リーシングリスク:マスターリース契約による賃料保証

・投資家の皆様へ期中の配当を行うためには、投資不動産の稼働率を高める必要があり、十分な配当を可能とするリーシング(※)ができることが重要となります。
・本件はハムレット社と10年間のマスターリース契約を行うことで、収益の安定化を図り、リーシング活動の成否にかかわらず安定的な配当が可能となります。

※リーシングとはテナント(入居者)誘致活動のことをいいます。

このように
マスターリース契約 をがっつりしています。

 

 

ということは•••

建物やらはクリアルが取得し、
管理運営をハムレットに任せる
売却してそれを繰り返せば
ハムレット側にすれば管理運営物件が増える。

クリアルは
ハムレット側に家賃は保証してもらえるので
余計なことは考えずに不動産売買ができる。
なおかつ、案件バシバシ出せる。

という

メリットが

あるのかなぁ??

と、勝手に想像してみました。 (´ー`)

ふむふむ、
悪くはない話。

 

 

クリアルが

売却できればね•••

ε-(´∀`; )

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。