おまつクラウドファンディングを学ぶ

【クラウドバンク】新たな太陽光発電ファンドに投資する

おまつです♡

 

また太陽光発電?
分散できてないじゃん!!
((((;゚Д゚)))))))

というご意見も
あろうかと思いますが•••汗

投資したものの記録です。

( ̄^ ̄)ゞ

 

太陽光発電ファンド第1168号

・募集金額 19,500,000円
・運用予定期間
 2019-10-31 〜 2020-09-07
分配開始時期 運用開始 翌々月以降 (原則)毎月
・分配日 (原則)月末締め翌月10営業日以内
・償還予定日 2020-10-07
・目標利回り(税引前) 年率 6.8%
・担保・保証内容 ※「会員限定情報」等に記載

プロジェクト概要

本プロジェクトは本営業者から次の資金使途で資金を借り入れ、担保となる太陽光発電事業又は同事業を保有する合同会社の売却により得られる収益等から本件融資の返済を行います。

資金使途 太陽光発電事業にかかる系統連系負担金の支払いおよび運転資金

注)当ファンドは、本営業者が新たに融資を行うことで生じる債権を取得するものです。

融資先は、調達する資金を用い、保有する合同会社5社が権利・土地(所有権・地上権)を有する太陽光発電事業にかかる系統連系工事負担金を電力会社に支払います各発電事業の所在は同一の開発エリアであり、一体的に開発を行った上で太陽光発電事業の権利関係又は合同会社自体を売却し、本営業者からの融資の弁済を行う予定です

融資先は調達した資金で発電所用地・事業権利等を取得し、発電所の開発を進めます。発電所の建設完了または開発が一定程度進捗した段階で発電事業者等に売却し、収益を得るビジネスモデルとなります。

 

今回融資先が担保として差し入れる物件は、2013年度に認定を取得し、36円/kWh(税別)の調達単価となっております。新規に認定される案件と比較して収益性が高くなりやすいことから、相対的に希少性が高い案件と見ることができます。

 

融資先の特長等

1993年設立。2013年よりクラウドファンディングに関するシステム開発・保守事業、不動産等の開発事業を開始。

 

当ファンドに組み込まれる融資債権の貸付利回り(投資家分配)は次のとおりです

主要な融資先に対する融資債権 主要な融資先以外に対する融資債権
(募集開始時点での予定)
貸付利回り
(投資家分配)
7.0% 7.5%

注)貸付利回り(投資家分配)とは、匿名組合に支払われる利息の内、営業者報酬分を控除して投資家に分配される利率をいいます。

 

サイトで一般向けに公開されているものを
転載させていただきました。

が。

もう、一般向けには
地名(県名)も記載しないことに
なってしまったのですかね?

検討内容も言えないなんて!

はぁ〜〜〜
世知辛い•••

( ´Д`)y━・~~

 

運用期間は11ヶ月。

こないだ投資した
福島の太陽光発電ファンドが
3ヶ月なので、
それに比べたら長めでしょうか?

期間が違うものにも
投資してみたかったのと、
太陽光発電ファンドだけれど
ビジネスモデルの違うものに興味があったので
思いきって投資してみました!

 

1万円!!

( ̄^ ̄)ゞ

 

ま、まぁまぁ。笑

今現在(2019/10/05)売られている
最新の太陽光発電ファンドは
第1184号ですが、
確認したら、

なーんと!∑(゚Д゚)

これも中身は同じものでした。

 

なーるほど!

水力発電ファンドの時 に調べていて、
ひょっとして?
と思っていたのですが、
ようやく理解!!

クラウドバンクでは、
大きな額のかかるひとつの案件を
ファンドをいくつかに分けて
販売しているわけですね!

今さら?笑

毎回、掲載されている写真が
違うので、
(写真はイメージですって
注意書きあったけど。)
違う場所場所で
事業を展開しているのかと
思っていました•••(アホ笑)

はっきりと気づいた
というお話でした〜〜

( ̄^ ̄)ゞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です