おまつ不動産投資を学ぶ

徹底分析! 滋賀の不動産小口化商品「わかちあいファンド」

おまつです♡

昨日偶然見つけた
不動産特定共同事業法、滋賀県第1号という
「わかちあいファンド」
私が望んでいた条件にあってるかもー (^ ^)v

早速、
excite.ニュースの記事 にあった
「わかちあいファンド」のサイトを
のぞいてみることに〜♪

ワクワク (*´∀`*)

 

わかちあいファンド公式サイトはこちら

 

◾️ わかちあいファンド 第1号ファンドの概要

予定分配率 : 年6.3% (税引前、税引後5.0%)

対象不動産 : 大津市石山 わかちあいビル石山

分配金配当日 : 令和2年3月15日を初回とし、2カ月ごと奇数月の15日に振込

募集金額 : 3,200万円 (320口・優先出資)

募集単位 : 1口10万円 5口より (お一人さま 限定20口まで)

運用期間 : 令和元年12月1日~令和4年11月30日

募集期間 : 令和元年10月1日10時~11月30日17時 (募集金額に達すれば終了)

 

好立地の商業ビル JR石山駅から徒歩3分

「わかちあいファンド」第1号の対象不動産はJR石山駅から徒歩3分の商業地に立地しています。ここは、テナントリーシングにも人気のエリア。対象不動産に現在入居するテナントは1階・2階とも飲食業です。弊社は本物件に大規模な修繕・リノベーションを施し、3階も新たにテナントを募集いたします。これからも、わかちあいビル石山を、より魅力的なテナントビルとして運営し、地域の賑わいにささやかながらも力を尽くしてまいります。

JR京都駅までわずか15分
にぎやかな大津市石山地区

大津市はびわ湖の西側、湖に沿うようにして南北に大きく広がり、対前年人口増加率がプラス0.18%。石山地区は、びわ湖から流れでる唯一の河川、瀬田川の起点に広がる地域です。古くから湖上交通の拠点として、また紫式部が源氏物語を執筆したとされる石山寺の門前町として栄えました。現在も東レなど有力企業の工場が近隣に立地し、京阪電車も乗り入れるJR石山駅の乗降客数は1日平均4万9千人。JR京都駅までわずか15分、京都の地下鉄東西線や三条京阪などへのアクセスも抜群です。

 

物件名称 わかちあいビル石山
物件所在地 滋賀県大津市松原町7-17
交通アクセス JR石山駅徒歩3分
物件評価額 50,000,000円(鑑定評価に基づく)
テナント総数 3戸(1F・2F 飲食業、3Fは改修工事後、テナント募集)
土地面積 148.76㎡
物件種別 店舗
構造 鉄骨造 陸屋根 3階建
床面積 1F:115.65㎡ 2F:115.65㎡ 3F:115.65㎡
築年数 昭和44年(1969年)11月築
増改築 令和元年9月大規模修繕

 

 

ええええええええ。

石山駅から徒歩3分圏内って

めっちゃ 好立地!

写真見るとかなり古いビルのようですが、
飲み屋とかやるなら
むしろ立地の良さに目を見張ります!

この辺りは飲み屋もかなり多いですし、
ちょうどいい場所!

これは一度実際に見に行かねば!!

駅はJRと京阪のふたつ。
サラリーマンだけでなく、
学生も行き交います。

投資家保護という観点から見れば、
優先劣後システム&マスターリース契約っていうのも
見逃せないポイント!!
マスターリースで税引後分配率5%って
かなり良条件なんじゃない〜

最低5口ってことは50万円かー。

ちょっと高いなぁ。

でも5口なら出せるし。

住んでいる地域のためにもなるっていうのは
心をくすぐります 笑

320口、一人20口まで
•••って、16人?

まさかの選ばれし者感!!

 

これも結局

クリック合戦

なワケ〜??

∑(゚Д゚)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です