おまつのひとりごと

年内家賃を国が助成? 一方的な要請を強いられた不動産業界に朗報か?!

おまつです♡

 

先日
この記事で話してましたが。

 

☞ 不動産業界、まさかのしわ寄せリスク!! 一方的な要請はツラい! (> <)

 

 

なんとっ!ヽ(゚Д゚)

 

かしこい国会議員さん

がいたーっ!!!笑笑

 

 

5/5(火) 7:11配信 時事通信 より

年内家賃、国が一部助成 「最大3分の2」案も 自民検討

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で家賃の支払いが困難になった事業者に対する自民党の支援策の骨格が4日、判明した。

一定程度減収した中小・小規模事業者と個人事業主を対象に、年内いっぱいをめどに家賃の一部を国が助成する。複数の同党関係者が明らかにした。

金融機関からの無利子・無担保融資のうち、事業者が家賃に充てた分について、国が事後に助成する。先に成立した2020年度補正予算に盛り込まれた上限200万円の「持続化給付金」と同様、前年同月比で収入半減が条件。これに加え、数カ月にわたり平均3割程度減収した事業者も対象とする方向で調整している。

助成割合については、「3分の2」や「2分の1」とする案が浮上。上限は全国最高水準である東京都の事業者の平均家賃を参考に決める。

自民党は4日、家賃支援策に関するプロジェクトチームを党本部で開催。この後、岸田文雄政調会長は記者団に「連休明けの7日には党としての考え方をまとめたい。その上で、公明党と調整を行っていく」と説明した。

一方、国民民主党の玉木雄一郎代表は国会内で記者団に、「直接支援することも含めて、とにかくスピード感を持って対応したいので、与党には速やかな合意と協力をお願いしたい」と求めた。

 

これ、まだまだ
この先どうなるか分からない
話ですけど、
これをしてくれたら
個人の大家さん含め不動産業界は
随分助かる気がしますね〜

(^_^)

ただただ
飲食店をはじめとする入居業者に対して
支払の猶予に応じろと、
不動産業界は
かなり 一方的に
国から 要請 されてたワケで・・・

猶予してどうなるのか?
先行きが
まったく不透明でしたが・・・

( 時間の経過と共に、共倒れで、
 不動産会社までもが次々と潰れていくのでは?
とおまつ、不安視していました・・・汗 )

これが実現すれば
ちゃ〜〜〜んと
家賃は支払ってもらえる形に
なりますからね!!

\(^O^)/

飲食店だけを救うために
不動産業界への
しわ寄せのリスクを心配していたので、
この案は

業界の救世主

のように思えます✨️️

(*´∀`*)

 

 

ですが。

 

これ、今度は、
賃貸でないけれど
自分で土地を買って建物を建てて、
ローンを支払っているような
飲食店などの入居業者の場合は
どうなるのでしょう???

家賃では無いけれど、
でも内容は家賃のような
ローンですものね。

補助したところで
その場合は資産になってしまうから
マズイのかな・・・

ウーン。 σ(^◇^;)

 

でも

心情的に

厳しいのは
どこも一緒ですからね・・・

少しでも補助出るなら
補助して欲しいと
思ってしまいますからね・・・  (^◇^;)

 

すべての人の意見を
聞くことは大変でしょうが、
国会議員さんには
こんな時だもの
いろんなことを総合して
考えてもらって、
世の中を良くしていただけたら
と思います。 p(^^)q

 

どうか
難しい調整を頑張ってもらって
法案を通してくださいませ。

<(_ _)>

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です