おまつ不動産投資を学ぶ

不動産投資の種類を考える

不動産投資の種類ってたくさんありますね^ ^;

おまつです♡

不動産投資について勉強していると、
いろんな投資方法が
あることがわかりました。

ざっくり並べると•••

  • マンションの1室を購入する方法
    新築物件
    中古物件
  • 戸建てを購入する方法
    新築建てる
    中古買う
  • アパート1棟を購入する方法
    新築建てる
    中古買う
  • マンション1棟を購入する方法
    新築建てる
    中古買う

といった方法です。

例えば、アパートでも、
木造だったり軽量鉄骨だったり、
中古でも、色々条件が出てきたり、
その買い方もいろいろです。

そう考えると
実にさまざまな投資方法が存在しますね。

代表的な不動産投資法について

調べていると
とってもわかりやすい表がありました!

会社に勤めながら資産をつくる「不動産投資」入門 著・志村義明
から引用させていただきます!

こちら↓

代表的な不動産投資法の種類の図

投資法 内容 利回り 投資規模 難易度 リスク
新築ワンルーム投資 一等地の新築ワンルームマンションを購入する 超低
新築アパート投資 新築の1棟アパートを建売業者から購入する
築古アパート投資 築古で高利回りの1棟アパートを購入する
戸建て投資 数百万円の戸建てを現金で購入してセルフリフォームする
RC(鉄筋コンクリート)マンション投資 数千万円以上の1棟RCマンションを購入する

 

なるほど〜〜

いろんな投資方法がある中で
自分がどの投資手法を選ぶべきかは、
表にあるような、
利回り、投資規模、難易度、リスク
このような項目を考えて
選んだらよいのですね〜〜 _φ(・_・

戸建てなどは、中古物件を買うので
投資規模は小さく、利回りも高いですが、
リフォームなどかかる手間が多いので
運営の難易度は高いのですね!

利回りがいい物件を〜と、
それしか考えていませんでしたが
自分がそれだけ物件に対して
時間を割くことができるのか?
そういったことも考えなくてはいけないと。

あと、投資規模が多くなれば
それだけ借金も増えるってことですよね
借金に対する耐性•••
お金を借りるということに
抵抗感があるんじゃ最初から無理!!
•••ということか、なるほど。
合わせて考えなくてはいけませんね。

ちなみに、
不動産投資で多くの収益を上げている人は、
築古アパート投資か、
RC(鉄筋コンクリート)マンション投資
を行なっている場合が多い、とのこと。

この2つの手法は、
成功するためのやり方が、
すでにある程度確立されている
ためだそうです!

言われてみれば•••
私が本屋で見かけた本の多くは、
築古木造アパートを買っての
不動産投資体験記でしたね〜〜

築20年以上の築古の木造アパートを
利回り15%以上で購入して
リフォームして貸し出す方法は、
月100万以上のキャッシュフローを
得ている人も実際に多く存在し、
ある程度再現性が確立されている
手法と言えます。

ふむふむ•••

ただ、ここで気をつけたいのは需要!
大都市であれば築古の木造物件でも
通用するでしょうが•••
地方だとどうでしょうか??
買ったはいいけれど、
誰も入居してくれないでは•••
終了〜 (ToT)

購入前に、需要があるかしっかり確認です!

会社に勤めながら資産をつくる「不動産投資」入門 著・志村義明

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です