おまつ不動産投資を学ぶ

【滋賀わかちあいファンド】石山駅ファンド1号、契約成立!!

おまつです♡

 

滋賀の わかちあいファンド

石山駅前のファンド1号に当選確定後、
身が引き締まる思いで
送られてきた契約書類に目を通し、
いろいろと記入したり
ハンコを押したりして、
再び書類を送り返したり、
といった作業をしておりました。(^ ^)
(👉 当選後のおまつのブログ

書類の中に
振り込み期日を書く欄があって、
間違いのないよう
振り込む手配をした上で
日にちを記入。

ドキドキ。

その日に間違いなく
振り込まれたのは、
銀行の入出金明細を見て確認済み。

( ̄^ ̄)ゞ

 

そして昨日。

わかちあいファンド1号の
出資金着金の案内
が封書にて届きました!
ヽ(*´∀`)

出資金の着金日が契約日となり、
(振り込んだ期日のこと)

不動産特定共同事業法に基づく
匿名組合契約が

無事成立!

ヤッターーー♪ ψ(`∇´)ψ

 

ネットで出資する場合は、
こんなふうに
郵便で何往復もすることないなぁ〜
と、
妙にノスタルジックになったりして 笑

アナログの良さ♪ 笑

クリアルとか
SBIソーシャルレンディングとか
契約は一瞬に感じるけれど、
その実は、
こういった書簡のやり取りを
しているんですものね。

便利すぎて、
その重みに
気づきにくいけれど。(^_^;)

 

そうして、
今回届いた 出資金着金の案内 にて
やり取りも全て終了。

あとは、お任せして
待つだけです。笑
ヽ(*´∀`)

今回のファンド1号の運用開始日は
12月1日。

最初の配金受取日は
2020年3月13日(金)。
以降は奇数月の15日だそうです。

3月か〜♪

めっちゃ楽しみ〜♪

(*´∀`*)

 

 

2019年10月31日 12時03分 NHK NEWS WEBより

首里城で火災「正殿」などが全焼 那覇

31日未明、那覇市にある「世界遺産」の首里城跡に復元された首里城から火が出て、「正殿」など中心的な建物がすべて全焼しました。発生からおよそ9時間がたち火はほぼ消し止められたものの、一部で煙が出ていて、消防が消火活動を続けています。警察などは目撃者の話などから「正殿」から火が出たとみて詳しい原因を調べています。

31日午前2時30分すぎ、那覇市首里当蔵町にある首里城で、火災報知器が作動し、駆けつけた警備員が「正殿」の内部から煙が上がっているのを確認しました。

消防が消防車30台を出して消火にあたっていますが、この火災で「正殿」のほか、「北殿」と「南殿」も全焼し、これらを含めた7棟、合わせて4000平方メートル以上が焼失しました。発生からおよそ9時間がたち、火はほぼ消し止められたものの、一部で煙が出ていて、消防が消火活動を続けています。

消防によりますと、今回の火災で、消火活動にあたっていた40代の男性隊員1人が脱水症状を起こし、近くの病院で手当てを受けているということです。

首里城は、琉球王国時代のおよそ500年前に建てられ、昭和8年に国宝に指定されましたが、太平洋戦争中の沖縄戦で焼失しました。

平成4年以降正殿などが順次復元され、平成12年には城跡が県内にあるほかの城跡とともに「世界遺産」に登録されています。

首里城では、今月27日から琉球王国時代の儀式を再現する「首里城祭」というイベントが開かれていて、警察によりますと、31日未明まで、開催予定の催しの準備などが行われていたということです。

警察や消防は目撃した警備員の話などから「正殿」から火が出たとみて詳しい原因を調べています。

朝テレビつけて、
おまつびっくり。

∑(゚Д゚)

首里城が燃えてる!!

みんな驚きますよね、
あんな状況見たら•••。

え、なんで?と思いながらも
燃える姿から目が離せない。

((((;゚Д゚)))))))

結局全て焼け落ちて、
黒いだけになってた首里城正殿。

沖縄の方の首里城に対する思いとかは
おまつあまり存じ上げないんですが、
そんなおまつでさえ
あの光景は衝撃的で•••。

心がざわざわするような
涙が出てくるような
それでいて
燃える姿は荘厳と言いますか
うまく言えませんが。

とにかく
なんであれ悲しい。

世界遺産ですものね、首里城。

どうしてああなったのか
原因究明が待たれます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です