おまつ不動産投資を学ぶ

★まとめ★ 不動産投資で物件情報を見る時のポイント

おまつ渾身の初シミュレーションを振り返ってみる

おまつです♡

シミュレーション、長かった割に
身のない結果で終わってしまいました 泣

だが、しか〜し!!!

わたしなりに学ぶところは多かったので、
まとめておこうと思います! _φ(・_・

 物件の築年数を見て
新耐震基準(1981年6月)以降のものか確認しよう!

耐震性がある建物だと安心なので。

 気になった物件は、賃貸サイトでも探してみよう

家賃が下がっていたり空室状況が確認できたり•••
物件の、思わぬ最新情報が得られる可能性あり!

 近隣の物件と比べて家賃の設定を確認!

家賃が相場よりもすでに安かった場合、
今後、自分がその手を打つことができない
(家賃を変えられない)ので注意が必要!

 固定資産税評価額の試算からの、税金の算出法

(固定資産税評価額の試算)
・土地の場合:固定資産税路線価 × 土地面積 × 70%
建物の場合:再建築費用 × 経年減価補正率 × 70%

 

国税庁 路線価サイト

税金の種類 税率
固定資産税 固定資産税評価額×1.4%
都市計画税 固定資産税評価額×0.3%
登録免許税 固定資産税評価額×2%
不動産取得税 固定資産税評価額×4%

⑤ 物件を購入する時にかかる必要な諸費用の目安は
購入価格の7% で試算する!

 便利なローンのシミュレーションができるサイト
を探そう!

今回は オウチーノ住宅ローン返済額シミュレーションサイト
を使わせていただいたが、ものすごく便利!!
色々探してみる必要あり、と感じた。

 経費は、家賃の20%が目安!

 ローンを返済完了する時の自分の年齢を考えつつ•••
法定耐用年数と築年数から、融資(ローン)可能な年数を探ろう!

不動産投資において、
金融機関は耐用年数の残存年数しか
融資を認めてくれない!

 軽量鉄骨造  木造  鉄骨造  RC・SRC造
 法定耐用年数  19年  22年  34年  47年

 

 わたしの希望は、しばらく運営した後で売却できる物件!
(建て替えはできない)

 わたしに借金の資格はない!

物件がよければ、貸してくれるチャンスは
あるようなのですが••• 汗

おまつ、やっぱり軍資金が足らないわっ!

今回のシミュレーションでは
融資(ローン)における属性の重要性を
痛いくらい感じましたね〜
( ´Д`)y━・~~

100万円あるからやってやるぜー!
とか、鼻息荒くしていたのが
こっぱずかしいわっ!
もはや、はした金ですよ 泣

そもそも、年収200万円以上ないと、
シミュレーションすらしてもらえないとか
少しばかりショックでした•••

((((;゚Д゚)))))))

そして頭金のあるなし•••

やはり、ローン組むなら
正社員で働いているのは有利ですね〜
まだ若くて正社員で働いていた時は
仕事!仕事!で
なかなか他のことを考えられませんでしたが
あの頃のわたしに言ってやりたいっ! (>_<)

「よーく考えよーうお金は大事だよー」と。

あの頃に行動すべきでした•••

ああ、反省です。無知って罪だわ・・・

むぅぅう (*`へ´*)
主人の属性がうらやましい•••

でも、この100万はナイショのお金なのよねぇ
主人の属性を使ったらどうにかなるかもだけど
全てバレちゃうので計画破綻・・・

ああ、どうしよう (>_<)

こうなったら、
主人を不動産投資脳に洗脳しちゃおうかしら!

今日は疲れたので、ゆっくり寝て考えるわ!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です