おまつクラウドファンディングを学ぶ

【SBIソーシャルレンディング】SBISLバイオマスブリッジローンファンド7号

おまつです♡

 

みなさま
ハッピーバレンタイン♡

今日は1年に1度の、
いつもは買わない高級チョコを
むしゃむしゃ食べる至福の日です♪ 笑

なにを買おうかな〜と
ネット見てたら

おっとっと!!

昨日に引き続き、
SBIソーシャルレンディング から
プレゼントならぬ
新ファンドが募集開始です〜っ!!

ヽ(*^ω^*)ノ

 

SBISLバイオマスブリッジローンファンド7号

「バイオマス発電事業者」向けの貸付事業で運用するファンドです。
本ファンドの借手は、木材を原材料としたバイオマス発電事業の開発プロジェクトを行うことを予定しています。

投資対象 貸付事業
営業者は、当ファンドからの貸付金について利息等の支払いを含む弁済を受け、得られた利益をお客様に分配し、元本相当額をお客様に償還することを予定しています。
名目利回り

7.0%

※貸付金利8.5%(年間)から、管理手数料率1.5%(年間)を差し引いた、税引前の利回りです。

※利回りは保証されているものではありません。

管理手数料率
(年間)
1.5%
予定運用期間

約27カ月

※期限前返済により期間が短縮する場合があります。

募集期間

2020年2月14日 午前10:00 ~ 2020年2月25日 昼12:00

※募集期間中にお客様からの入金額が出資募集額に達した場合、その時点で募集は終了します。

募集額 26億円
出資単位 1口5万円、最低1口以上
分配日

毎月15日

※弊社休業日(年末年始・土日祝日)の場合には翌営業日

弊社は、本ファンドも含む弊社が組成する複数のファンドから、総額55億円の貸付け(後続ファンド貸付け)を行うことを予定しています。
(1)2020年2月(出資募集額:26億円) ⇒ 本ファンドの出資募集です。
(2)2020年5月(出資募集額:10億円)
(3)2020年8月(出資募集額:7億8,000万円)
(4)2020年11月(出資募集額:11億2,000万円)

 

名前の通り、
「ブリッジローンファンド」ということは
「かけはし」シリーズですね。

もはやお馴染みの、
玄海インベストメントアドバイザー社との
協業ローンファンドです。

すごいですね〜 (゚Д゚)
総額55億円の貸付けだそうですよ。

今回はその第1回目、
一番額の多い26億円。

 

バイオマス発電とは、
「バイオマス燃料」を燃やして出る
水蒸気やガスを使ってタービンを回すことで
電気を作ることです。

つまり、
燃料が違う(化石燃料ではない)だけで
火力発電の一種ということ。

燃料を燃やすとCO2を発生するので
環境への影響が問題になるのでは?
と思いますよね〜 (^_^;)

ですが、
バイオマス発電は
「カーボンニュートラル」
という考え方に立っており、
燃焼を行っても結果的に
大気中のCO2の増加にはつながらない
発電方法とされています。

カーボンニュートラルとは•••

バイオマスは燃焼すると当然CO2を排出しますが、もともとそのCO2は植物などが成長する過程で、大気中から吸収したものであり、トータルとしてCO2の量は変化しないという考え方

 

たまたまなんですが、
前回のメガソーラーを調べた際に
再生エネルギーにも興味を持ったので
少し調べていたんです。

 

2/4(火) 21:50配信 毎日新聞 より

再生エネ買い取り 地熱、水力など除外へ 経産省有識者委

 経済産業省の有識者委員会は4日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)に基づく家庭用太陽光発電(出力10キロワット未満)の2020年度の買い取り価格を前年度比3円低い1キロワット時当たり21円に、大規模事業用太陽光発電(50~250キロワット未満)を2円低い12円とする案をまとめた。また、大規模な地熱や水力、バイオマスについて、22年度以降はFITから外す方針を示した。

FIT再生エネ事業者が発電した電気を電力会社が割高な固定価格で買い取り、電気料金に上乗せして発電コストなどを回収する制度。家庭や企業の負担を減らすため、政府は20年度以降、大規模な事業用太陽光発電と風力発電をFITから段階的に外し、電力市場での販売に移行させる。地熱、水力、バイオマスも規模の大きな発電は市場拡大が見込めるため、FITから外す方向となった。

一方、小規模な発電は地域での活用が見込まれるため、地熱は2000キロワット未満▽水力は1000キロワット未満▽バイオマスは1万キロワット未満――でFITを維持する方向で検討する。

経産省は3月末までに価格を決定する。FITから外す電源の対象などについては、今後も議論を続ける方針。【中津川甫】

 

この記事には不足していますが、
再生可能エネルギー電力に関して
FITは除外でも、
FIPの導入を検討している
ってことのようですね♪ (^ ^)

FIP(フィード・イン・プレミアム)とは、
再エネの市場統合を目的に、
再エネ発電事業者が電力卸市場への売却など
市場価格で電力を販売する場合、
プレミアムを上乗せする方式。

売電単価に
市場変動の要素を加味しつつ、
プレミアム分を
政府が支援するんですって。

 

家庭の電気料金に
ガンガン上乗せされるより

いいじゃなーーーい♡

(*´∀`*)

 

おまつ、バイオマスは興味あり!金はないけど投資決定!!笑

今回のバイオマス発電ファンド、
27ヶ月
と、
非常に長期になるので
投資だけを考えるのだったら
おまつ、絶対に避けますが。笑

環境問題に興味を持っている今、
たとえ少額でもこの投資は
自分にとっては アリ!
だと考えました。

バイオマスにいさん
勉強させてもらいます! ヽ(*^ω^*)ノ

そんな気持ち。笑

 

いざ、申し込みじゃ〜〜!!
と思ったら。

 

なんてこった!

申し込み開始から
sbiソーシャルレンディングに
まったく繋がらないという
アクシデントに襲われ•••

スマホもPCもダメ!

 

ヒョエ〜 ((((;゚Д゚)))))))

 

サーバーパンク??
理由は不明ですが、
まともに繋がったのが
40分過ぎ。

 

もう敗北だなと思いながらも
ログインしたら•••

 

まだ受付してるっ!!!

(*゚∀゚*)

 

やっぱ金額も大きいし、
期間も長いから、
SBISLには珍しく
一気には集まらなかったのね。汗

 

おまつ、

無事申し込み

完了〜〜♪

日々の生活を、意識を、
ちょっと変えていきたい
おまつです♪

(*´∀`*)

 

ちなみに。
お昼の12時15分現在。

まだ受け受けしていましたよ〜
残り、あとわずかです!!

( ̄^ ̄)ゞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です