おまつクラウドファンディングを学ぶ

【SBIソーシャルレンディング】 SBISL不動産担保ローン事業者ファンド Neo8号

おまつです♡

本日は、
昨日お知らせした
SBIソーシャルレンディング
不動産担保ローン事業者ファンドNeo8号
の募集開始日でした♪

(*´∀`*)

まずはどんな内容なのか、
チェック〜♪

SBISL不動産担保ローン事業者ファンド Neo8号

「不動産を担保にローン事業を営む事業者」向けの貸付事業で運用するファンドです。

投資対象 貸付事業
営業者は、当ファンドからの貸付金について利息等の支払いを含む弁済を受け、得られた利益をお客様に分配し、元本相当額をお客様に償還することを予定しています。
名目利回り*

6.0%

※貸付金利7.0%(年間)から、管理手数料率1.0%(年間)を差し引いた、税引前の利回りです。

※利回りは保証されているものではありません。

管理手数料率
(年間)
1.0%
予定運用期間

約12カ月

※期限前返済により期間が短縮する場合があります。

募集期間

2019年12月13日 午前10:00 ~ 2019年12月20日 昼12:00

※募集期間中にお客様からの入金額が出資募集額に達した場合、その時点で募集は終了します。

募集額 13億円
出資単位 1口5万円、最低1口以上
分配日

毎月15日

※弊社休業日(年末年始・土日祝日)の場合には翌営業日

営業者 弊社(SBIソーシャルレンディング株式会社)

6.0%〜!

高利回りのファンド〜♪ (^ ^)

ただ•••

早期償還が多く発生する見込み
だそうです。

((((;゚Д゚)))))))

 

貸付するお金は、
この借手が行う
不動産担保ローン事業における
事業資金(借手の顧客に対する貸付金)
として使われます。

つまり、借手は、
不動産を担保にした貸金業をされていて、
そこにお金を借りに来た人(第三債務者)に
対する貸付けに応じて、
SBIソシャレンから借手に
個別貸付けを行うようです。

ふ〜〜〜ん。
貸金なんて、
そもそもお金がないと
事業が成り立たない会社ですけど
そこをお金出してくれるんですね、
SBIソシャレン。 (^_^;)

金貸しが金貸しに金借りて
金貸してるわけです。
でも、
その大元の金貸しの金は
我々の出したお金です•••笑

ひとつの貸金会社を
育ててる??
てか、運営してる???

ちょっと、まぁ、
そんなふうに•••
受け取れなくもない。笑

ε-(´∀`; )

話を戻しますが、
借手が貸したお金が
第三債務者から返済されると、
借手はSBIソシャレンに
個別返済を行うことになるため、
出資元本の一部早期償還が
多く発生する見込みということです。

今までもこれからも、
Neoシリーズ は
そういうことなんですね〜。

フムフム _φ(・_・

 

おまつ、Neo8号の申し込み状況をウォッチング!

昨日もちらっと言いましたが。

おまつはこの Neoシリーズ
Neo6号、Neo7号、
と投資しておりまして•••。

👉 Neo6号は裏ワザで申込成功!!(^ ^)

👉 Neo7号はクリック合戦で勝利!!(^ ^)

 

この Neoシリーズ、

同一1社への貸付

なので、
リスク分散のためにも
投資の集中は避けたくて、
泣く泣く
今回の8号の申し込みは見送りました。

多く発生するという早期償還も
どれほどのものなのか、
経験してみないと
判断できないですし。

おまつ、
Neoシリーズは
しばらく様子見に入ります•••

(^◇^;)

 

ちなみに。

もう趣味なんじゃないか??
と思っている
クリック合戦の観察•••笑

 

 10時03分の状況 

たった3分で、
もう11億イっちゃってるっ!
∑(゚Д゚)

 

 10時04分の状況 

 

今回は

13億円

たった4分

終了〜〜!!

((((;゚Д゚)))))))

 

あいかわらず
クリック合戦は過酷ですね•••
(;´д`)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です