おまつクラウドファンディングを学ぶ

【CREAL(クリアル)】CREAL渋谷笹塚、11月29日(月)20時から募集開始!!

おまつです♡

《クリアル3周年記念キャンペーン》
エントリーはお済みですか?
エントリーするだけ超カンタン なんで
おまつも先日済ませました♪

( 当たるかわかんないけど参加しないと権利もないっす!! )

(*´∀`*)

 

【CREAL(クリアル)】応募は超カンタン☆ CREAL3周年キャンペーンにエントリーしよう!!

 

この時は、
CREAL(クリアル) の思わせぶりな態度に
おまつ 拍子抜け でしたが•••苦笑

 

ようやく•••

本命の 新ファンド情報 が解禁されました〜♪

♪───O(≧∇≦)O────♪

 

さっそく
週明け月曜日に募集開始です!!

 



CREAL渋谷笹塚

  • 募集金額297,000,000円
  • 想定利回り(年利):4.5%( インカムゲイン相当2.5%、キャピタルゲイン相当2.0%
  • 想定運用期間18ヶ月
  • 最小投資金額1万円
  • 募集期間2021年11月29日 20時2021年12月5日 20時
  • 初回配当日2022年2月28日(以降毎月配当)
                    ーーーーーーーー
    ※ 2021年12月15日~2022年1月14日:フリーレント期間の為、賃料収入無し
    ※ 2022年1月15日~2023年6月30日:賃料収入有り
    ※ 売却時:【運用期間×年利4.5%-既配当額】の配当(売却益の範囲内)
    上記の想定初回配当日・配当額はあくまで想定であり、確定したものではございません。
    なお、 2022年6月より売却活動を開始予定です。

 

 

笹塚ッ!!

(*゚∀゚*)

 

やっと CREAL が
台東区、墨田区、江東区界隈の
案件から離れてくれましたっ!笑笑

都内の案件って感じの、
笹塚に「渋谷」なんてワード入れてる感じも
またニクい!笑

 

 

このように新宿から目と鼻の先。
首都高も上でバンバン走ってる笹塚。

笹塚には友人が住んでいたので
おまつ、それなりに馴染みがあります♪

 

・笹塚エリアは、新宿エリアから3km程の甲州街道の周辺エリアです。
・笹塚駅前にはメルクマール笹塚、笹塚ショッピングモール21、京王クラウン街笹塚、大型スーパーといった大型施設の他ボーリング場やスパ等がある一方で、十号通り商店街や笹塚観音通り商店街を中心に個人商店やカフェ等も多く、生活利便性が高く、活気のあるエリアです。
・京王線・京王新線「笹塚」駅は、新宿駅まで3駅、急行で1駅非常にアクセスが良く都営新宿線に直通の京王新線始発駅である点も魅力です。

 

では、建物は???

 

高セキュリティのデザイナーズマンション
・オートロック・防犯カメラ・カメラ付きインターホン・人感センサー付き玄関照明・1階の全居室に防犯シャッターが設置されており高いセキュリティを有しています。
・モザイクタイルと打ち放しのコンクリートで構成された外観、様々な色の入った洗い出し仕上げの壁やウェーブのかかった照明の共用部、白を基調としつつも指し色の入った居室等、デザイン性が高いレジデンスです。

いいじゃん!!

貼り付けてある映像 見たけれど、
美容師さんや音楽活動してるような人も多い街だし
デザイナーズマンション、好きそう。

いつものごとく Googleストリート でも確認したら
建物入り口の奥に駐輪場?
おしゃれな自転車が何台も置かれていたわッ!
やっぱり、住人はおしゃれさんよ〜!笑
建物の中だから、濡れにくくていいわよね♪

 

主要なリスクへの考え方


売却リスク:妥当な価格設定での売却想定及び早期の売却活動によりリスクを低減

・投資家の皆様へ元本償還を行うため投資不動産の売却を行う必要があり、適切な価格および時期で売却ができることが重要となります。

・CREALにおける売却実績 及び不動産会社へのヒアリング等を通じて得られた成約実績を基に、妥当な水準での売却価格の想定をしています。加えて2022年6月より売却活動を行うことで想定運用期間内での売却を目指します。


リーシングリスク:マスターリース契約による賃料保証

・投資家の皆様へ期中の配当を行うため投資不動産の稼働率を高める必要があり、十分な配当を可能とするリーシングができることが重要となります。

・直近で退去が重なったため、2021年11月26日時点での稼働率は73%ですが、募集賃料は適正と考えられることから、エリアの仲介会社との連携強化等により、早期のリースアップを図ります。

・リーシング活動の成否にかかわらず安定的な配当を可能とするため、クリアルパートナーズ株式会社とマスターリース契約を行うことにより収益の安定化を図ります。

※リーシングとはテナント誘致活動のことをいいます。

 

直近で退去が重なった•••なんて、
なんちゅう 不幸!!

ヒィーッ‼︎ ((((;゚Д゚)))))))

まぁでも、竣工が 2019年6月 だそうだから
2年更新だったらそういうことも
あり得る時期か•••ふむふむ。

でも、賃料についてはマスターリースで心配なし。
2.5%の配当は毎月入ってきそう。

でもこの場合、
問題はキャピタル!!
《売却時》 なのよねッ!!

元本償還を行うためって話は最もなんだけど
いつもネックの《劣後出資》
今回どうなのよ??

 

•••。

 

変わらずの 5% 💦

ゲゲッ‼︎ ((((;゚Д゚)))))))

 

いつもこの劣後出資の割合におののいて
投資できなかったんだけれど、
やはり、少なさったらハンパないなぁ💧
「5」パーセントって•••💦

売却うまくいかなかったら
劣後分じゃまかないきれんでしょうよ

と毎回パスしてしまうワタクシ•••

でも、いつも、
ものすごい勢いで成立していくのよねぇ〜

ε-(´∀`; )

 

今回、土地柄には不満はないし、
建物も気に入った!!

ちょっと考える時間ください〜〜〜💦

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。