おまつのひとりごと

金高騰のニュースに金の保有を考える《その1》

おまつです♡

 

連日これだけ
新型コロナウイルスの報道ばかりだと
感染予防とか感染した時の対策も
考えないといけないんだけど・・・

それより、
街中から、観光地から、
人が消えて・・・
集会やコンサート、
商業施設なんかも自粛ムード•••

景気とか
経済の方も心配だわっ

((((;゚Д゚)))))))

まずは自分の資産を
(資産って言うほどもないんだけど)
守るためのことを考えていかないとね!

って思っていた時に
見つけた記事♪

 

2/14(金) 16:57配信 共同通信 より

新型肺炎で金が40年ぶり高値 小売価格、1グラム6155円

 地金大手の田中貴金属工業は14日、金を1グラム当たり前日より21円高い6155円で販売した。同社の小売価格ではイラン・イスラム革命直後に付けた1980年1月22日以来約40年ぶりの高水準だった。新型コロナウイルスによる肺炎流行への危機感を反映した。

金は株や債券と違って、そのもの自体に価値があるため戦争や経済危機が警戒されると「有事の安全資産」として投資資金の受け皿となる。

今年1月8日に米国とイランの全面的な軍事衝突が不安視された際、同社の金価格は6149円に急上昇した。新型肺炎が経済活動に大きな障害になるとの不安から、金は一段と値上がりした

 

金、40年ぶりの

高値⤴︎ (*゚∀゚*)

 

金が「有事の安全資産」だったとは
おまつ勉強不足で
知らなかった••• 恥

 

実物資産、

そのもの自体に価値があるからか、
なるほどねぇ〜 (^◇^;)

テレビCMで
何度か目にしたことはあったけれど、
知識がないから
「フーーーン」って
おまつ軽くスルーしてたわ 苦笑

 

まさかそんなに
高騰してるなんて!

まぁ•••
いまさら買っても
高値掴みになってしまうので
なんなんですが。。汗

そっかーー
「金の積立」ってのも
資産運用としてありますねぇ〜

(^◇^;)

 

 

2/11(火) 8:00配信 幻冬社ゴールドオンライン より

「金」は何がいいの?「銀」じゃだめなの?貴金属投資のキホン

おもな貴金属として、次のようなものが挙げられます。

●金 ●プラチナ ●銀 ●パラジウム

このうち、プラチナ、銀、パラジウムは宝飾品としてもよく使われますが、その大半は産業用途で使われます。たとえば、プラチナはその多くがディーゼル・エンジン車の触媒に用いられます。パラジウムもプラチナ同様、自動車の触媒がおもな用途ですが、こちらはガソリン車の触媒が中心です。

プラチナとパラジウムは兄弟のように似通った性質を持っていますが、こうした用途違いゆえに、値動きも大きく異なります。ディーゼル・エンジン車はおもに欧州で生産・使用されるので、同地域の経済状況に大きく依存します。

これに対し、ガソリン車は北米から新興国まで、世界中の広い地域で生産され、かつ使用されることになります。したがって、パラジウムは欧州経済の影響はさほど受けず、そのほかの幅広い地域経済の影響を受けることになります。貴金属への投資を検討する場合、このような用途の違いに関する知識も、ある程度は持っておいたほうがいいでしょう。

一方で金はどうかというと、産業用途もありますが、せいぜい全体の10%程度にすぎません。それよりも、宝飾品としての用途のほうがはるかに多くなっています。宝飾品としての金は、伝統的にインドや中東などで根強い需要があり、その希少性によっていつの時代にも珍重されてきました。この点が、経済の動き(=景気変動)に左右されるプラチナやパラジウムなどと、大きく異なる特性です。

銀も、金と同様に準貨幣としての側面を持っています。一方で、用途に着目すると、その価格の安さから電子部品や携帯端末など、幅広い機器で利用されており、その点では産業用金属の側面も持っています。

このような銀の特殊な性格は、価格変動にも現れます。あるときは通貨としての機能が注目され、金と似通った動きをする時期もあります。またある時期には、産業用金属としての性格にスポットライトが当たり、むしろ景気との連動性を高める時期もあります。

ただし、銀は金と違ってかさばります。たとえば100万円分の銀を買おうとした場合、旅行用のキャリーバッグが必要になるほどの量になってしまいます。銀の場合はETFを通して投資してもよいでしょう。

(中略)

いつの時代も絶対的な価値を有し、景気のサイクルと異なる値動きをする点は、金特有の大きなメリットです。ペーパー資産とは違って人為的に作り出すことができないので、発行体の信用力などに影響されることがありません。よって、現物に投資する場合、まず安定した投資対象と捉えることができます。

 

そっか

貴金属って
漠然と宝飾品としての価値だけで
考えてたけど、
「産業用途がどの程度あるか」
っていう観点から見ないといけないのね!

_φ(・_・

金以外の貴金属
(プラチナ、銀、パラジウム)は
主に産業用途。
だから、経済にまるっと影響受けて
値動きが激しいワケね!

希少性があり需要もあるけど
主に宝飾品としての用途しかない
金は景気に左右される
ことのない
貴金属
ってことで

有事の備えとしては

「金一択」

なのね。

いざというときの備えっていうのは
様々なリスクや要素を考慮しないとね。
なんでもそうだけど

「信用力」

も大事な要素ね。

金の輝き✨は圧倒的だものね! 笑笑

˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

 

ふむふむ。
明日に続きまーーーす!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です