おまつのマネープラン

自動車税種別割? 自動車税の請求書が届いた!!

おまつです♡

 

緊急事態宣言、外出自粛の折も折、
自動車税の請求書
が届きました!!

なんだよー
プーッ ( *`ω´)
役所的なとこは
テレワークしてないの??

そーゆーのは
仕事が早いなぁっ!!苦笑

で、おまつ、
請求書を見てびっくり。

 

ナント! ∑(゚Д゚)

 

15%重課
って書いてあるっ!!!

 

•••じゅ、じゅ、重課??

 

15%重課!?

((((;゚Д゚)))))))

 

どうゆうこと???

 

 

調べてみたら•••
どうやら
令和元年度税制改正 により、
2019年10月1日から
新制度が適用されたことによる
もののようです。

 

自動車税種別割のグリーン化(重課・軽課)について

 令和元年10月1日から自動車税は 自動車税種別割 に名称が変更されました。
自動車税種別割は、毎年4月1日現在の自動車の所有者に対して年額が課税されます。

地球温暖化防止及び大気汚染防止の観点から、環境にやさしい自動車の開発・普及の促進をはかるため排出ガス及び燃費性能の優れた自動車については、自動車税種別割の税率を軽減(軽課)し、逆に、初回新規登録から一定年数を経過した自動車については、自動車税種別割の税率を重く(重課)する特例措置が行われています

 

税率が軽減(軽課)される自動車

平成31年度・令和元年度(平成31年4月1日~令和2年3月31日)に初回新規登録された自動車で次の基準をみたすものは、初回新規登録された翌年度の1年間に限り税率が軽減(軽課)されます

令和2年度自動車税種別割の表
対象自動車の基準 税率
電気自動車,燃料電池車,プラグインハイブリッド自動車,一定の排出ガス基準を満たす天然ガス自動車(※1),
平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス規制適合のクリーンディーゼル乗用車
おおむね75%軽減
平成17年排出ガス基準75%低減達成車
又は
平成30年排出ガス基準50%低減達成車
(★★★★)
かつ 令和2年度燃費基準+30%達成車
令和2年度燃費基準+10%達成車 おおむね50%軽減

※1 天然ガス自動車の場合は,平成30年排出ガス規制適合又は平成21年排出ガス基準からNOx10%低減に該当する自動車。 (車両総重量3.5トン超12トン以下のものは平成22年排出ガス基準からNOx10%低減に該当する自動車)


自動車税種別割軽課の例の表(自家用乗用車)
代表的な税額 概ね75%軽減後 概ね50%軽減後
初回新規登録

平成31年4月1日~令和元年9月30日

 排気量1リットル以下 29,500円 7,500円 15,000円
排気量1.5リットル以下 34,500円 9,000円 17,500円
排気量2リットル以下 39,500円 10,000円 20,000円
排気量2.5リットル以下 45,000円 11,500円 22,500円
初回新規登録

令和元年10月1日~令和2年3月31日

排気量1リットル以下 25,000円 6,500円 12,500円
排気量1.5リットル以下 30,500円 8,000円 15,500円
排気量2リットル以下 36,000円 9,000円 18,000円
排気量2.5リットル以下 43,500円 11,000円 22,000円

 

税率が重く(重課)なる自動車

初回新規登録から11年を経過するディーゼル車 及び 13年を経過するガソリン車・LPG車は、自動車税種別割の税率が重く(重課)なります

自動車の種別と税率の表
 自動車の種類
バス・トラックの税率 その他の税率
ディーゼル車 初回新規登録から11年を経過する自動車 おおむね10%重課 おおむね15%重課
ガソリン車,LPG車 初回新規登録から13年を経過する自動車

※ 永久抹消登録するまで対象となります。
※ 電気・天然ガス・メタノール自動車、ハイブリッド自動車(ガソリン)、一般乗合用バス、被けん引車は除きます。

 

自動車税種別割重課の例の表
 新車新規登録年度 重課税率適用開始年度
(当該年度の自動車税より重課)
ディーゼル車 平成17年度以前 (初回新規登録した年度+12)年度
平成18年度 平成30年度
平成19年度 平成31年度
平成20年度 令和2年度
ガソリン車,LPG車 平成15年度以前 (初回新規登録した年度+14)年度
平成16年度 平成30年度
平成17年度 平成31年度
平成18年度 令和2年度
重課税率の適用の例の表
代表的な税額  10%重課後 15%重課後
自家用乗用車  排気量1リットル以下 29,500円 (なし) 33,900円
排気量1.5リットル以下 34,500円 (なし) 39,600円
排気量2リットル以下 39,500円 (なし) 45,400円
排気量2.5リットル以下 45,000円 (なし) 51,700円
自家用貨物車 積載量1トン以下 8,000円 8,800円 (なし)
積載量2トン以下 11,500円 12,600円 (なし)
自家用貨客兼用 定員4人以上,積載量1トン以下,排気量1リットル超1.5リットル以下 14,300円 15,700円 (なし)
定員4人以上,積載量1トン以下,排気量1.5リットル超 16,000円 17,600円 (なし)

 

 

フーーーーム。

グリーン化 ねぇ〜。。。

 

要するに
おまつの場合は、

あなたの車、
13年越えの古いガソリン車だから

15%増税します!

ということですね•••

ヒィィ〜ッ ((((;゚Д゚)))))))

 

愛車 ですよ??

大切にして
乗ってきたのに•••

まさかこんな

罰ゲーム が

待っているとはね•••

ヒドイ… (´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

新車に買い換えるまで
これからずっと???

 

どうやら、
2019年10月1日以降は
自動車取得税が廃止され、
環境性能割が導入されている
ということです。

👉 総務省のサイト

 

取得税もないし、
今なら税率
さらに軽くしてやるから
もうエコカーに買い換えろよ!
そうしたら
自動車重量税も安くしてやるぜ!!

的な•••??

 

そーなのか•••
次の車検までに
買い換えた方がいいのだろうか?
いや、しかし、
そんな急には•••

 

うーーーん。

切ない話•••。

(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です