老後の資金

わが家のねんきん定期便をチェック!

人生100年時代、ホントだわ〜 年金大丈夫?

おまつです♡

国会でもネタにされて、
これだけ連日報道されていると
どうしても気になってしまう
悲しい性(さが)。

人生100年時代

95歳まで生きる可能性は、男性なら約10% 女性なら25%

男性の10人にひとり、
女性の4人にひとりは、
95歳まで生きる時代が
やってきたそうです。

周囲の状況を見るに、
残念ながら、
全くピンと来ませんが・・・ (ToT)
両親が、95歳まで生きてくれるんだ
と思うと、心強いですね!!

でも、この間の生き方って、もはや、
昔のような、定年したら盆栽とか世話しつつ
縁側でお茶飲んでのんびりご隠居、
みたいなイメージではないよね・・・

今のお年寄りは元気元気〜
定年したばかりのわたしの父を見ても、
おじさんだけど、
お年寄りって感じではないし・・・
みんな元気で若い若い!!

お年寄り・・・この言葉自体が死語?
高齢者??・・・いやいや。
後期高齢者とはけしからん!
てな話もあったし
言葉には気をつけないと (;´Д`A

ご年配の方々・・・ってことで!!

それで、実際いくらもらえるんだろう??年金

おまつ、わがやのねんきん定期便をチェックする

たしか、以前、ハガキが来てたような・・・
さすがに、
いくらなんでも捨てたりはしない、
重要な郵便物ですからね。

ごそごそ・・・
見つかりましたよ!!(1時間で・・・笑)これです!
このハガキが「ねんきん定期便」

ハガキを開くとこんな感じ。
真ん中の加入実績に応じた
年金額(年額)が記載されています。

わたしのねんきん定期便のハガキには、
現時点で、
年金を払わなくなったとしても
最低もらえる年金見込み額は
年およそ43万円と書いてありました。

分かってはいたけど
やはり、額が少ないですね・・・泣

ふーん・・・ まあとりあえず・・・

年43万なら・・・ひと月いくらもらえるんだ?
って、およそ3万5000円!!∑(゚Д゚)
って、こりゃ、うちの食費より少なっ!!
ひとりでは、とても生きていかれない・・・泣

ということで。
主人の分も確認したら年84万くらいでした。
月にして7万円。

夫婦合わせて、
月10万5000円もらえるのね、
なるほど。

さっき自分の分が
3万くらいだったのが衝撃すぎて
なんとかなりそうな気さえします。
(まぼろし〜?笑)

ちなみに。
これからも年金は払い続けますので、
将来の年金額は多少多くなります!

(その概算の計算方法)

●定年まで働いた場合に増える分のおおよその年金額(年額)は「平均年収(百万円単位:[例]500万円だったら5)✖️今から退職までの年数✖️5500円

●国民年金の場合(年額) 「加入年数✖️2万円

計算したら、
主人は60歳まで働いたとして、
年金は月3万くらい増えますね⤴️

わたしは国民年金払い続けて、
月5万の支給になります⤴️

主人10万+わたし5万の、
合計15万円がおおよその
月額支給となるわけです。

おまつ家の定年後の暮らしが、
具体的にハッキリと、
見えてきましたね!

老後の、年金15万円以外の
月の生活費は
働くか、貯めておくかして、
自分でなんとかしないと
いけないってことが!

実感して身震いっっ (゚Д゚)ブルブル

物価が今のままだとして、
年のせいで食が細くなったとしても!笑
それでも、
生活費はすこ〜し足りないですよね・・・

テレビで見聞きしていても
他人事のように感じますが。

しかし、こういうニュースも巡り合わせ、
なにかのタイミングだと思います!

自らハガキを探して確認して、
少しだけ計算するだけで
震えるほど体で感じることができましたし、
意識できました~~ ( ̄^ ̄)ゞ

100歳までお金に困らない
ということを目標に、
意識して新しい知識を蓄え、実践して、
備えたいですね。

Let’s get 豊かな老後 together!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です