おまつのマネープラン

コロナ対策というより不安対策! お金に困った時はどんな支援が受けられる??

おまつです♡

 

先日おまつの友だちの話を
チラッとしましたが、
この友だちに限らず、
新型コロナウイルスの影響で
経済的な不安から
精神的に不安定になっている方も
多いと思います••• (>_<)

収入が大きく減ったり
仕事を失ったりしたら•••
なんて考えると、
一人暮らしでも
不安でたまらないと思うけど、
それこそ
住宅ローンもあったり
子どももいたりすると、
守るべきものがあるからこそ
余計に考えすぎて、
恐ろしいですものね〜

ガクガク ((((;゚Д゚)))))))

でも、ただ
「恐ろしい、恐ろしい」
だけでは、ダメだと思います。

そんなの
みんな一緒で、
みんな、
恐ろしいんだから。

この状況が
怖くない人なんていない!!

 

そんなに

不安なら

調べましょう!!

o(`ω´ )o

 

調べて、
手を打てばいいじゃない!!

それでも足りなかったら
その時はその時で
また考えよう!!

 

とりあえず

今できることを

探しましょう!!

 

どんな支援策があるのか、
どこでどんな手続きを行えば
支援を受けられるのか、
といった
情報がまとめてある
良いサイトを見つけました♪

ぜひ参考にしてください!!

 

NHK 新型コロナウイルス 特設サイト

こんなときは どんな支援が?

 

見ているだけで
少しだけでも
気持ちが楽になってきませんか?

( ´∀`)

 

一例として挙げると•••

公共料金 も申請すれば
支払いの先延ばしが可能です!

(*゚∀゚*)

新型コロナウイルスの影響で
休業や失業で生活費に困った時には、
無利子で生活資金を借りられる
生活福祉資金貸付制度」もあります!

条件もありますが、
収入が減り家賃が払えない人には、
国や自治体が家賃を支給する
住居確保給付金」という制度も!

また、住宅ローン に関しては
こんなニュースがありました。
↓↓↓

 

4/22(水) 12:03配信 テレ朝news より

住宅ローンに救いの手 金融機関が返済に柔軟対応へ

 新型コロナウイルスの影響で収入が減少して住宅ローンの支払いが難しい人を支えるため、金融機関が返済計画を見直すなどの対応を始めています。

住宅ローンを提供する住宅金融支援機構は景気悪化などで返済が難しくなった人のために設けている「返済特例制度」の対象に、新たに新型コロナウイルスの影響を受けた人を加えました。
対象は勤め先の経営悪化で収入が減少した人や解雇された人のほか、病気で返済が困難になった人などです。特例を利用すると月々の返済額を減らし、返済期間を最長で15年延長できます
このほか、メガバンクでも顧客の収入の減少に応じて返済計画を見直すなどの対応を進める方針です。

 

それぞれ置かれた状況による
でしょうが、
住宅ローンの月々の返済額を
少しでも減らす方法として
「こういうこともある!」
と、
知っておくこと こそが
現在の心のありように
影響するのではないでしょうか??

15年の返済期間延長
は、かなり大きいですよ!
(*゚∀゚*)

手段や方法を知っているのと
知らないのとでは、
不安との付き合い方
大きく違ってくると思います。

実際その後の状況も
変わってくると思うし•••。

住んでいる地方自治体のサイト
などもチェックすると、
こういった補助などの情報が出ています。

※ 新型コロナウイルスに便乗した給付金詐欺や
悪質商法なども、
横行してるみたいなので
注意してくださいね!!

 

まっ、そうは言っても
この おまつだって
正直 不安だらけ ですよ、
とほほ。 ε-(´∀`; )

ただ、性格的に
漠然とした不安抱えるよりも
それに対して
作戦練るタイプ。笑

 

どんなことになろうとも
今は、おまつ、

生への執着

凄まじく。

 

今は、経済的不安よりも

死にたくない!

生き残りたいっ‼︎

o(`ω´ )o

 

そんな心意気で
日々、生活しております〜♪

( ̄^ ̄)ゞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です