おまつのひとりごと

おまつ、糖尿病を患うことなく無鉄砲に生きたい

おまつです♡

ずっと話したかったんだけど、
鬼龍院翔さんの話。(^ ^)

8/21(水) 7:04配信 FRYDAYデジタル より
10年で2億円をためた「金爆」鬼龍院翔のマル秘“地味すぎ”生活

鬼龍院翔さんの
ゴールデンボンバーでの活躍は
誰もが知るところですよね〜。
「女々しくて」は
なぜか飽きない 笑、まさに神曲!!

その鬼龍院翔さんは
貯金?2億円貯まったから、
無鉄砲に生きようとしているらしいです 笑

わあーーーーーー♡
素晴らしい〜!
面白い〜〜!!!

わたし、鬼龍院翔さんのような
才能溢れる人間でもなけりゃ、
比べたら大した人生でもないですが、
考え方めっちゃ理解できるなぁ。笑

現実主義者 ねぇ〜。

ふふふ。 (*´∀`*)

さて。
わたしはいつになったら
無鉄砲に生きられるくらいの保証金
用意できるかしら? 笑

 

「肥満ワクチン」開発に光 マウスの腸内細菌減らしたら

8/23(金) 22:13配信 朝日新聞デジタル より

大阪市立大や東京大などの研究チームが23日、肥満に関連する腸内細菌をワクチン注射で減らしたところ、高脂肪食を与えたマウスの体重増加を抑えられたと発表した。食べても太りにくい「肥満ワクチン」につながる可能性があるという。米消化器病学会誌に掲載された。

チームは、肥満や糖尿病との関連が報告されている腸内細菌(クロストリジウム・ラモーサム)に注目。腸の粘膜で免疫を活性化させるワクチンをつくった。

実験では、無菌マウスにヒトの肥満患者の腸内細菌を移植し、高カロリーのえさを与えた。ワクチンを注射したマウス9匹は、腸内細菌がふんとして排出されて減り、ワクチンを注射しないマウス7匹と比べて、体重増加が約12%抑制された。

腸内細菌が減少したマウスの体内では、小腸などで体内にブドウ糖を吸収するはたらきが活発化せず、肥満や糖尿病を抑える効果が期待できるという。

大阪市立大の植松智(さとし)教授(ゲノム免疫学)は「これまでと全く異なる新しいタイプのワクチンができた。特定の腸内細菌を減らすことで、将来的に食べても太りにくい肥満ワクチンにつながる可能性がある」と話している。

マジでっ?!
∑(゚Д゚)

腸内細菌・クロストリジウム・ラモーサムを
減らすワクチン注射。

いやぁ、
これは早い続報、期待〜〜!!

メタバリアとかカロリミットとかトクホ飲料で
地道に糖や脂肪の吸収を抑えてる人
多いと思うのよね。
わたしもそのひとりで。
ただ、
おまつの個人的見解だけど、
効果があんまりよくわからないのよね。
体重も減らないし。

ワクチン注射は
目に見える効果がある気がする!
(ハードルあげてる?笑)

糖尿病患っている親族が数名いて、
「いずれわたしも?」とビクビクしてたから
こんな注射あれば
大幅に罹患リスクが下がるだろうし
本当に助かるわ〜〜!

飽食の時代だからこその病気、
贅沢病って言う人もいるけれど、
糖尿病にかかると
食べるものに規制がかかっちゃって
家族も大変なのよねー (>_<)

それまでの食生活が悪かったって
言う人も多いけど、
そりゃそうなのかもしれないけれど、
遺伝もあるし•••

糖尿病で苦労しているのを
目の当たりにしている身としては、
一概に一括りにはできない気がするわ。

だから、このワクチンには期待しちゃう!!

もし、そうね。
このワクチンにだったら、
喜んでクラウドファンディングしちゃうわ!!笑

無論、投資型で!!笑
( ̄^ ̄)ゞ

なーんちゃって。笑

それくらい期待してるって話でしたー。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です